見えない場所のニキビケアは美容皮膚科に任せてツルピカになれる

大人ニキビの原因

なぜできるのか

化粧水を手に出す女性

思春期ニキビは、思春期の皮脂の分泌が盛んな時期に、皮脂や汚れで毛穴がふさがってしまいニキビができてしまいます。 では、大人ニキビはどのようなことが原因でできてしまうのでしょうか。 大人ニキビは生活習慣の乱れでホルモンバランスが崩れ、皮膚の表面の新陳代謝がうまくいかなくなることが原因といわれています。そのため古い角質がはがれずに、表皮に残って毛穴をふさぐことでニキビができてしまいます。 生活習慣の乱れといっても色々ありますが、暴飲暴食や偏食など食生活が乱れると肌に大きな影響を与えます。 それから睡眠不足や紫外線、喫煙なども大人ニキビができる原因につながります。 また意外なところでは、シャンプーや洗顔をした時のすすぎの残りが肌に付着したままになると、その汚れが原因になる場合があるので丁寧にすすぐことを心がけましょう。

改善方法とは

大人ニキビを改善する方法として、まずやってもらいたいのは食生活を見直すことです。1日3食規則正しく、和食を中心にした食事に切り替えてみましょう。 それと肌の新陳代謝を促進させる効果がある、肉や魚、卵、乳製品、大豆製品などの良質なタンパク質を摂るよう心がけると良いです。 それから、しっかりと睡眠をとることで肌の新陳代謝を良くします。成長ホルモンは、夜寝ている間に分泌されるといいます。寝ている時に、肌の修復がされたり新しく再生されたりしますので、睡眠時間を毎日きちんと確保する必要があります。 また紫外線対策も怠らないように、外出時のUVケアはしっかりと行いましょう。 このように肌に良い生活習慣に切り替えることで、大人ニキビを改善することにつながります。